2010年06月19日

温泉に介護付き貸別荘 松本の女性が会社設立

(信濃毎日新聞より)

鹿教湯温泉に介護付き貸別荘 松本の女性が会社設立

 松本市井川城2の市川仁美さん(52)が介護事業の株式会社「あったら・かいご」を設立し、上田市の鹿教湯温泉で入浴介助などの介護サービスを頼める貸別荘を始めた。

市川さんは実父母と義父母の4人を介護、ヘルパーとして働いた経験もある。介護者が生活にゆとりを持てない現状を肌で感じてきたことから、「こんな介護があったらいいな」と考えていた内容を実現しようと、さまざまなアイデアを実践している。

 介護付きの貸別荘は、介護に追われて旅行もままならない家族にゆっくり楽しんでもらおうと考案。「湯治ハウス」と名付け、市川さんの長男が所有する別荘2棟を使っている。

1棟5人まで宿泊できる。介護保険は適用されないが、1泊1人3千円と手ごろな価格に抑えた。

 時間帯に応じて1時間2200〜3300円で介護サービスを提供する。市川さんらホームヘルパー2級または看護師の資格を持つスタッフが担当。

入浴介助、おむつ交換のほか、食事を作ったり、散歩に連れていったりもする。スタッフが介護している間、家族は近くで観光してもいいし、一緒に過ごすこともできる。

 会員(入会金5千円、年会費千円)は貸別荘が2割引き、介護サービスが1割引き。周辺市町村なら、自宅から貸別荘まで無料で送迎する。

 東京から鹿教湯に嫁いだ市川さんが37歳の時、同じく鹿教湯に移り住んでいた実母が脳梗塞(こうそく)で倒れ、半身不随に。それから夫を亡くし、実父、義父、義母が相次いで倒れた。

 資格を取って訪問介護ステーションのヘルパーや旅行会社の添乗員として働きながら、同時に4人を介護していた時期もあった。介護や仕事を一人で抱え込み、「父母らにつらく当たったこともあった。今でも後悔することがある」という。

 実父と義父母が相次いで亡くなり、昨年12月に15年以上寝たきりだった実母をみとると同時に、介護者を支える会社の設立計画を実現させた。「介護する人とされる人の間に入って、コ

ミュニケーションを手助けするクッション役になりたい。切羽詰まる前に、人に頼ってもいい」

 添乗員の経験を生かし、介護スタッフが同行する「介護旅行」の申し込みも受け付けている。

問い合わせは、あったら・かいご(電話0263・31・3491)へ。


posted by 介護情報 高齢者介護 at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 介護 集客 新規開拓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無料相談会:有料老人ホーム110番 入退去時のトラブル相談を−−15日 /鹿児島(毎日JPより)

 ◇県弁護士会
 県弁護士会は、老人ホームや高齢者専用賃貸住宅(高専賃)の入退去時に多く発生するトラブルを解決するための無料相談会「有料老人ホーム、高専賃トラブル110番」を15日に実施する。

 有料老人ホームなどで途中退去の際に「入居時に払った一時金の大半が返還されない」などのトラブルが全国的に増加しており、相談会は全国一斉に開かれる。同会は「高齢者の住まいに関するトラブルは、生活の安全に直接かかわる問題。気軽に相談してほしい」と呼びかけている。

 相談は午前10時〜正午、午後1〜3時。電話相談のみで専用電話(0570・073・165)。事前予約不要。問い合わせは同会(099・226・3765)へ。
Posted by 介護利用者 施設 種類 費用 料金 at 2011年09月06日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
受講料最大100%キャッシュバック!⇒介護の資格講座なら介護教室『ほっと倶楽部』
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。