2010年04月26日

介護の集客成功法 その2

(注意事項:私個人の考え方を述べています。自己責任、ご自身判断で行って下さい。)

【小規模・新規開業の介護(施設・サービス)事業者の集客成功法則】

介護サービス利用者やその親族の視点からみれば当たり前の事だが、

【自分を介護してくれる人は、どんな人だろうか?】
【どんな介護をしてくれるのだろうか?】

という『心配・期待・不安』が入り混じった気持ちを持つのは当然の事。

身の周りの事をするので、体も触れるし、距離も近い。
入浴・排泄介助など、恥ずかしい部分もさらす場合もある。

よって、利用者やその親族が重要視するポイントの一つに
担当するヘルパーの人間性・人柄の部分。

施設においても勿論だが、訪問介護であれば、更に重要視される。

だが見方に変えれば、スタッフの人柄も良く、
その点を踏まえたPRができれば、
継続利用率も高まり、それは新規集客増・口コミ評判に繋がる。

ケアマネ試験一発合格脳プログラム
posted by 介護情報 高齢者介護 at 14:04| Comment(2) | TrackBack(2) | 介護 集客 新規開拓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
既存客を大事にしないと、発展も未来もない。

この不景気でも、揺るがなかった会社・店の共通点の一つに、

日頃からの徹底的な既存客フォローが挙げられる。

あるお店は、(客単価が安いが)手書きの御礼ハガキを出し、

ある会社は、営業が担当する客数を制限し、フォローに専念する。

ある会社は、新規集客せず、客先を巡回フォロー活動メインだが、
評判が評判を呼び、紹介、口コミが半端じゃなく多い。

新規集客を行う以前に、
『既存客は満足しているか?』を
常々意識して追求しておく事は当たり前。

そうでなければ、リピートも少なく、紹介がある確率は、宝くじレベル。
競合に奪われる確率は、どこにも負けない。

商いは、お客様が“飽きない”ようにする事。
既存客を大事にしないと、発展も未来もない。


というか、“従業員30人以下の中小企業”の場合、
社長(代表)が業務の微細に精通し、気を掛けるのは当たり前。
この既存客フォローも、社長が率先して行い、意識・姿勢を見せるのが「大前提」である事は言うまでもない。
Posted by 商売繁盛の法則 1000分の2 at 2010年04月26日 14:17
起業 方法 介護 開業 支援
Posted by 起業 方法 介護 開業 支援 at 2010年06月04日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147821480

この記事へのトラックバック

介護の集客成功法
Excerpt: (注意事項:私個人の考え方を述べています。自己責任、ご自身判断で行って下さい。) 【小規模・新規開業の介護(施設・サービス)事業者の集客成功法則】 ◎『居宅』事業所を持たない。 ⇒ケアマネがいる..
Weblog: 介護の裏技・情報ポータル
Tracked: 2010-05-02 00:51

キャッシング、審査、ローン、融資の相談窓口
Excerpt: 即日振込み可能!!50万円まで融資可能 実質年率8.5%〜18.0%!限度額最高300万円!アプラスα倶楽部カード 約10秒で審査回答!ご融資どっとこむ キャッシング融資..
Weblog: キャッシング 審査 ローン 融資 多重債務
Tracked: 2010-05-30 17:36
受講料最大100%キャッシュバック!⇒介護の資格講座なら介護教室『ほっと倶楽部』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。